通信ソフト

基本事項

USB ケーブルを介して UperGrafx とデータ通信をします. 画像取得,セーブデータの読み書き,VSync 周波数の調整,内部データの更新ができます.
通信ソフトは Microsoft Windows 上でご利用になれます.

ハードウェア仕様とソフトのバージョン

この2つの通信については互換性がありませんのでバージョンに合うものを使用してください.
  • HuCard 専用版 では ebi_2016xxxx と menudata_2016xxxx 以前を利用してください.
  • CD-ROM2 互換機能版では ikaebi_xxxx 以降を利用してください.

UperGrafx control panel のインストール

下記の zip ファイルを展開してください.
(後日配布予定)
  • 展開したファイルから ikaebi.exe を起動してください.
  • approx.exe は ikaebi.exe から呼び出されるサブプログラムです.
    • approx.exe はGPLに基づき、ソースコードを公開しています.
  • デバイスマネージャで UperGrafx の COM port の名称 (例:COM3)を確認してください. 
    • Window の port には COM port の名称をいれてください.

転送のタイミング

  • PCE とうーぱーぐらふぃくすが起動しているときであればいつでも通信は可能です.
  • CD-ROM2 互換機能使用中でロードの処理が重なると正しく動かない場合がございます.

page: com.main

このページでは下記の処理が行えます.
  • frame buffer管理
  • savedata管理
  • reset
  • Vsync補正

frame buffer

画像取得を行なった後 png 形式で保存します.

save path

png ファイルを保存する場所を指定します.

download

  • フレームバッファのデータを取得します. 転送中は DVI からの映像は停まります (PCE の動作は止まりません). 
  • PCE 起動中に絵が取りたいタイミングで押してください.
  • セーブされたpngファイルは保存場所へ 0000.png から連番のファイル名で保存します.

show buffer

フレームバッファのデータを画素 1x1 pixel で表示します.

show screen

PCE として有効領域のみの映像か 720p 同様の画像を表示します.
720p 同様の画像になる条件は1画面中に画素横幅が変更された場合です. この場合は有効領域のみの出力ではなく無効領域も入ります.無効領域は半透明で出力します.

savedata

imagefile

  • セーブデータを保存または読み出すファイル名を指定します.
  • 空欄の場合は ikaebi.exe を起動した場所 + backupram0.sav, backupram1.sav, backupram2.sav が選ばれます.
  • バックアップRAMのセーブデータは 2048 byte の単純な RAM image でエミュレータも同様の形式であれば相互利用が出来ます.

RAM page

UperGrafx の3つのセーブデータ領域からどれを利用するか選びます.

download

UperGrafx にあるセーブデータを PC へ転送します. 転送後 PC エンジンを RESET します.
PC 側にすでにあるファイル名の場合は上書きします.

upload

PC にあるセーブデータイメージを UperGrafx へ転送します. 転送後 PC エンジンを RESET します.
UperGrafx 側にすでにあるデータは上書きします.

misc - その他

calibration

  • VSync Frequency の調整を行ないます.
  • VSync Frequency mode で original を利用する方は、ご利用のPCエンジンで初期設定をすることによって VSync のずれを最小限にすることが出来ます. calibration start を押すと 800 フレームの計測をし補正をします.
  • 詳しくはVSync補正のページをご覧ください

Reset PCE

PCエンジンの Reset pin を制御して本体のReset をします.

page: com.sub

このページでは下記の処理が行えます.
  • ROM dump (非公式機能)
  • UperGrafx 内部データ更新

ROM dumper(非公式機能)

この機能は動作が不安定かもしれませんので非公式機能といたします. 使い方がわかる人のみ使ってください.

filename

出力する ROM image の名前をいれます. 空欄の場合は rom.bin になります.

(リスト)

HuCard の種類を選びます. 通常は generic ROM を利用します. リストに記載された下記の HuCard には専用の設定をいれてください. 
  • Super System Card (Arcade Card Pro は ROM は同じです)
  • Populus
  • Street Fighter II'
Arcade Card DUO には ROM がないので使用しないでください.

UperGrafx updater

ファームウェア及び回路データのバージョンアップに利用します.
必要になりましたら記載します.

page:formatter, writer, imagelist

これらのページは通信ソフトではありません. CDイメージ転送ソフトをご覧ください.
Comments