ikadownload

ダウンロード

upergrafx_20190209.pac (upergrafx内部データ更新用パッケージ)
ikaebi_20190210.zip (upergrafx control panel version 1.7)

更新の時にセーブデータが何度か消えるのを確認しましたので、セーブデータのバックアップをお願いします.
今回設定データの位置を結構変えましたので、設定画面で SELECT ボタンをおして設定を初期化してください.

ikaebi_20190210.zip を作成しました. ROM image の管理データの仕様を変えたため、以前登録した ROM image はすべて削除して、書き込み直してください. CD image は影響がないので変更しなくてもかまいません.
ikaebi_20190210.zip is created. The specifiction is changed management data of ROM image. Please remove all ROM images and write ROM images again. CD image has no effect. It's not requried to update CD images.

仕様変更

HuCard の ROM Image をメモリーカードから読み込む処理の対応.
  • ikaebi の writer のタブから .pce のファイルをいれてください.
  • .pce ファイルの中身は 0x200 byte のヘッダがなく, 0x2000 byte の倍数のファイルのみ受け付けます.
  • UperGrafx の内蔵 SRAM の容量を超える ROM image は動作できません. (UGX-01: 0x40000 byte まで, UGX-Q5 と UGX-02: 0x80000 byte まで)
IMAGE INDEX の表示の並び替えの対応. 
  • 使い方は追記してあります. → CDイメージ転送ソフト
  • ikaebi で操作できますので imagelist のタブから操作してください. 操作方法は help ボタンをおせばでます. わからなかったらいってください.
  • リストから表示される HuCard ROM image の容量が 0MiB となっているのは仕様です. 厳密な計算方法がとても複雑なのでどうするかはいまのところ未定です.
  • IMAGE LIST の画像データの仕様を変えましたので、upergrafx control panel version 1.7 でSD Card を更新してください.  1度目のみ"reorder data not found"と出ますが正常です.
  • SD Card 内部の CD image はそのまま使えます.
2018年10月の時点で「メモリーカード上の CD Image での個別設定は次回の内部データ更新に実装いたします.」と書いたんですが手間が多すぎるのでその次にするつもりです.(ごめんなさい)

CD image と ROM image を選べる IMAGE LIST の更新
  • 使い方はページを作りました. → イメージの選択と操作
  • 使い方のページを読んでもわからない場合は一般ユーザーにとってもわからないので直します.わからない場所を教えてください.

マスターアップのために動作確認をして欲しい部分(毎回)

いままで正常に動いていたゲームの動作確認や通信機能の動作確認を一通りやっていただきたいです.
最近問題となり修正した部分が実は直っていなかった場合は連絡をお願いします.
  • [基本] 接触不良ではないのに電源を入れても立ち上がらない. もしくは LED が点滅している.
  • [映像] 10秒に1度ぐらいの頻度で一瞬点がでる.
  • [映像] SD card をさしていないと映像が乱れる.
  • [音声] 本来無音のはずの部分でプチプチと音がする.
  • [通信] UGX-01の基板固有の問題. save data を upload すると4度に1回ぐらいの頻度で通信エラーでそのまま操作不能になる. 

確認事項(upergrafx_20190202.pac)

動作確認

  • ROM image をたくさん sdcard に書き込む. 最後の番号が 01-01 以上になるまで書く. 
    • SD Card の容量が 16 GB 以下の場合は 100 個ではなく 50 個など少ない数で 01-01 に達することがあります.
    • ROM image の種類が少ないときは同じものをたくさん書いてください. ファイルの絶対パスを1行ずつにたくさん書いて csv ファイルに渡すとクリックの数が減って手間が減ります.
  • 01-01 以上の ROM image が起動するか確認する. (UGX-01 では容量制限に注意してください)
  • UGX-02 の場合は SUPER SYSTEM CARD を ROM image と CD image を起動してみる
  • UGX-01 の場合は従来通り実物のシステムカードと CD image を起動してみる
  • Virtual CD Drive Speed を NORMAL, FAST それぞれ最低1度ずつ利用する
  • アーケードカードがある場合ソフトを1本起動してみる. カードの種別は DUO を優先する.

バグ修正確認

動作確認をお願いする人に個別にお知らせします.

耐久試験

Audio CD player 耐久試験を行ないます. 外出前や就寝前にやってください.
  • DISC NUMBER PRESET BLOCK 00, DISC 00  にする.
  • 内蔵システムカード利用か実物のNEC 製 CD System Card を挿して電源投入.
  • Audio CD player を起動. REPEAT と RANDOM を設定し再生開始.
  • 耐久試験として8時間程度放置する. 放置中はモニターを切って構いません.
  • 放置後モニターを再度つけて Audio CD player が正常に動き続いていれば合格です.

動作確認除外ソフト

下記のソフトは現在直せないので動作確認不備の報告は不要です. 原因は元のソースコードがひどくすぐに挙動が変わるため.
  • てきぱきワーキンラブ
  • 銀河婦警伝説
  • シャーロックホームズの探偵講座(1作目)
  • スチームハーツ

履歴

変更点 20170821→20170905
  • 起動時にDVDドライブがつながっているとassertがでる問題を修正
  • discimage保持数が32以上にならないバグを修正
  • discimage削除の操作を追加
変更点 20170905→20170910
  • 通信ソフトを書き直した
  • 通信ソフトをCD image 管理ソフトと統合
  • 管理者権限がないときは CD image 管理パネルを使えないように処理
変更点 20170910→20170916
  • ikaebi
    • 内部データ更新モードを追加
    • 進行バーの更新がおかしかったりassertがかかる問題を修正
    • ROM dumper の通信仕様を変更. 動作は不安定だが保留
  • upergrafx
    • nametable clipping mode を再実装
    • vsync freqency に 59.83Hz mode を実装
変更点 20170916→20171011
  • ikaebi
    • discimage 追加,更新,削除後に list のテキストファイル(ファイル名cdlist.txt) を ikaebi.exe と同じ場所とメモリーカードのファイルシステムがあるほうに作成する処理を追加
    • IMAGE INDEX の時刻データの生成でのバグを修正 (音楽再生で track 13 以降の早送り,早戻しがおかしかった)
    • logclear ボタンが動いていなかったのを修正
  • upergrafx
    • Audio CD player でポーズの再開ができないバグを修正. ポーズを経由するCDDA制御処理で雑音が鳴っていた問題を軽減.
    • FeRAM の設定読み込みが早すぎたのを修正. 設定が読めずに動かないという問題が減ったかと思われる.
    • 映像の乱れ対策として映像fifo読み出しでのタイミングが悪いソースの改善.
変更点 20171011→20180114
  • ikaebi
    • 通信コマンドの仕様変更の追従
    • 時間のかかる処理でボタンを使用不可にしたあとフォーカスが消えていてスペースバーで同じボタンを再度おせないクソUIを修正
    • 100個を越えるイメージの対応
  • upergrafx
    • 通信コマンドの仕様変更
    • backup RAM の仕様変更, FM16W08とFM25CL64の両対応
    • video周りの作り直し
    • その他多すぎてかけない
変更点 20180114→20180120
  • ikaebi は変更がないです.
  • upergrafx
    • 設定メニューの動作不安定を回避
    • 電源投入直後 + VSync 60.00Hz mode で MCU が動作不安定になる問題を回避
    • 上記2問題の回避のため ROM dumper を一時的に提供中止
変更点 20180120→20180211
  • ikaebiは変更がないです.
  • upergrafx
    • 20180210はなかったことにしました!
    • UGX-01 の再対応
    • 内部プルアップ端子の見直し (SD card がささってないと絵が乱れていた)
    • ハードウェアで SD card の data を操作し終わったときの CLK の端子の修正 (一部メモリーカードで動作が変だったがこちらの規格違反だった)
    • 設定メニューで RUN button を押したときに ROM image がないときに freeze する問題を修正
変更点 20180211→20180218
  • ikaebi
    • 20180218 (ファイルは消した)
      • memory card 上の CD image の CRC 算出を追加.
      • Window size をたてにひろげるとlogの幅だけ伸びるのがうざかったので変更.
      • cdimage を追加後に cdlist.txt を生成するが、生成に失敗すると assert が起きていたのをなくした.
    • 20180219
      • CRC算出で malloc の引数が間違っていたのを修正
      • fopen() と stat() を _wfopen() と wstat() に置き換え (日本語環境ではない Windows で日本語ファイル名が通らないバグを修正)
  • upergrafx
    • 変更点は設定メニュー向けの PCE アセンブラのみ.
    • 設定メニューの INTERNAL RAM MODEL の名称を SYSTEM CARD TO USE に変更. 設定項目における動作は同じ.
変更点 20180218→20180302
  • ikaebi
    • ここでの最新版の提供は必要性がなくなったのでやめます.
  • upergrafx
    • SCSI.READ(6)からのADPCM RAMへの書込みで Read(6) コマンド発行前に address 0x1ff80b を 2 に設定している場合の転送に対応
    • 6280からの ADPCM RAM への書込みで address 0x1ff80d を 2 に設定したまま書き込んでる場合の処理を追加
    • SCSI.READ(6)からのADPCM RAMへの書込み後の SCSI シーケンス前に 100ms の待ちを追加(一部で安定するかもしれない)
    • SCSI.CHECK SENSE 発行時に仮想 CD ドライブを停める処理を削除
    • SCSI.0xde で不正なTRACKのMSFCを得る場合に TRACK 1 のMSFCを返す処理を追加
    • I2S の出力を posedge 駆動に変更 (negedge 駆動が規格通りだと思うのだが、これで安定してしまった)
変更点 20180302→20180322
  • upergrafx
    • 20180302での変更で address 0x1ff80d  へ data 0x80 のあと 0x02 を書かない場合の対処が消えてしまっていたのを修正. (for Download2)
    • address 0x1ff80d へ data 0x80 を書いたときに write address を 0 にする処理を追加 (for Strider 飛竜)
変更点 20180322→20180325 (20180324は没)
  • upergrafx
    • download2 の ADPCM 再生が停まるのをなんとなく調整
    • 設定画面で TOP and BOTTOM cropping を変更すると画面への反映がおかしかったハード上のバグを修正. 
      • その画面への反映の処理を再実装.
      • OBJ (sprite) だけ CROP する設定項目を追加.
      • 試行錯誤用に残っていた無駄なコードを削除
変更点 20180325→20180415 (20180415は作りかけて没にした)
  • BTS8:address 0x1ff803.r.3 とその IRQ2 の挙動タイミングを修正. ただし ADPCM 追記のタイミングが少し変わり、良くなるか悪くなるか両方で影響範囲は多いものとみられる.
    • ラングリッサーは動作が良くなりました.
    • ダウンロード2は動作不安定になりました.
  • 設定メニューでBUILDの日付を表示するようにした.
  • BTS53: ADPCM の追記再生で RAM address 0xffff->0x0000 のときに MSM5205 へ無駄なデータを流していたバグを修正.
変更点 20180415→20180429
  • 設定メニューの tearing 状態表示を VSync Frequency = 60.00Hz のときはしないように変更.
  • BTS26: address 0x1ff803.r.5 とその IRQ2 の挙動タイミングを修正. この修正はMCUからソフト制御しているため精度は低い.
  • 疑似scanline機能とその設定を追加.
変更点 20180429→20180707
upergrafx
  • 疑似scanline機能をいれる場所を修正 (滞在先で使っていた家庭用テレビで表示が雑で悪いことに全然気付いていなかった)
  • BTS65の修正
  • ROM dumper と ROM image uploader 機能の復活
  • 設定メニューのメモリ配置を変更
  • ファームウェアの avrfirm.c が複雑になっていたので無駄なコードの削除など清掃や分離を行なった
ikaebi
  • com のタブでファイル名を渡す際にデータ実体の寿命の管理が間違っていた大問題を修正
  • filepickerのパスを個別に保存することにした. (自分で使ってみたらクソUIでたまげたので直した)
  • ROM dumper と ROM image uploader 機能の GUI を追加及び復活
  • Track 数が 99 個ある disc image の転送が出来ないバグと関連した変なエラーを修正
変更点 20180707→20180711
  • Audio CD player で時刻表示が停まるバグを修正. これは SCSI シーケンス全てに影響していたので安定が見込める.
  • ROM image uploader で転送先が GPRAM の場合に設定を読んでないバグを修正.
  • 内蔵 Super System Card の専用レジスタの一部が TG16 仕様になっていてバージョンエラーがでていた問題を修正.
  • 内蔵 Super System Card の memorymap で open にすべき場所が抜けていて Arcade Card DUO で一部のソフトがちゃんと動かない問題を修正.
変更点 20180711 → 20180727
  • ADPCM controller の修正
    • address 0x1ff80d への書込みを内部処理に関係なくいつでも受け付け、タスク優先度を明確に設定. #17,#19,#35
    • address 0x1ff80d の書込みで data bit 7 == 1 の場合に bit6:0 = 7'h00 に書き換える変な対応を追加 #12
    • address 0x1ff80d の書込みで ADPCM 再生フラグの解釈を bit6 から bit5 に変更 #39
    • address 0x1ff80c read bit0 の割り振りの間違いの修正 #28
    • address 0x1ff80c read bit7, bit2 に読み書き中の WAIT FLAG を追加 #19,#35
    • ADPCM 再生中で FIFO へ全て送り終えたあとに empty flag を見るときに dead lock していた問題を修正 #3
    • その他潜在的なバグの修正 #68
  • Audio Mixer の修正
    • MSM5205 の reset と ADPCM controller と MSM5205 の間に入る fifo の初期化条件を修正 #4,#54
    • I2S のタイミング修正
    • 6280 の音声出力を反転してから外に出す必要があったのにやっていなかった問題を修正. (EXTBUS からの音声出力は反転してない, AV 端子のそれは反転増幅している)
    • 各種音源の I2S 上での処理タイミングを統一などソース上の整理
  • SDC SPI controller の修正
    • 読み込んだ CD-ROM data を 1 sector ごとに empty になるようにして DATA IN status で待ち時間を発生するように変更 #3,#58
    • ADPCM RAM への書込みが早すぎて動作が変になるタイミングを場当たり的に調節 #58,#71
  • 6280 bus / interrupt controller の修正
    • CD drive status (ready,done) の IRQ2 割り込みを単純な AND 演算に変更 #66,#39
    • SDC SPI controller で 1 sector ごとに empty になるようにした場合の追従
  • 仮想 CD drive controller の修正
    • 不正な PAUSE 命令に関してエラーを処理を追加 #61
変更点20180727→20180802
  • MCU の動作安定化
    • UGX-02 につけた frame buffer だと MCU の動作が不安定だった問題を根本的に修正した(はず)
    • frame buffer から取り込む instruction data のサイクルで無駄な動作がある場合の動作としての最適化
    • MCU へ渡す際の instruction bus が3つあり各 wire を mux で切り替えていたのを register でラッチして入力元を1つに統合
変更点20180805→20180825
ikaebi
  • CDイメージの名前の画面表示用データに対応
upergrafx
  • 設定メニューのソースコードの大幅な書き直し. FPGA 論理合成が不要な中でソフトウェア内部の大幅な仕様変更あり.
  • CDイメージの名前の画面表示に対応
  • 設定読み込み周りで設定メニューの起動順位を変更, 設定メニューをやめたあとのソフトの起動順位も変更
  • SD card の初期化をハードウェアとしての初期化とパーティションとしての初期化を分離
  • SCSI command 0xd8 で pause 状態にしていなかった問題を修正 #78
変更点20180825→20180828
ikaebi
  • 画面構成の変更対応
  • 内部処理の都合にかかわらず画像に出来なかった文字は1文字単位でエラーを出すようにした
upergrafx
  • 画面構成を1ページ17イメージに変更し,操作ボタンを表示するようにした
  • 設定メニューや IMAGE LIST から ソフトを切り替えたときに Backup RAM を間違えて書いてしまう問題の修正
  • 設定メニューや IMAGE LIST から ソフトを切り替えたときに UGX-01 で MCU が暴走する問題を回避 (間接的な原因はわかったが直接的な原因は不明のため回避). 回避策は一旦 720p の画面を停めるということで UGX-02 でもそれはやるようにした.
  • IMAGE LIST で上下ボタンおしっぱのカーソル自動移動が早すぎるということで更新頻度を 10 frame から 16 frame に変更
  • IMAGE LIST 表示中に RESET したり BACKUP RAM を更新すると MEMORY CARD INTERNAL ERROR が出る問題を回避
変更点20180828→20181004
upergrafx
  • CD 読み込み時間を等速にした. seek は計測データがないので未対応. #4,#15,#20,#58,#68,#74
  • scanline 本数変更の割り込み要因を 6280 write cycle から VCE HSync に変更. #37
  • color RAM write strobe が間違っていた大問題を修正. #74
  • address 0x1ff80c.r.0 の状態遷移を mednafen 同様に変更. #75
  • Audio CD の loop のための停止条件を == から >= 演算子に変更. #79
  • address 0x1ff803.r.6 の状態遷移を遅くした. #80
  • 内蔵システムカードのデータ転送をハードウェアから CD-ROM 向け fifo を利用し高速化と安定化を図った.
  • 設定メニュー起動時に IC の中の backup RAM data を ADPCM 用 RAM へコピーしてから、ソフトを切り替えたときにコピーしたデータを FPGA の中の backup RAM へ転送するようにした. (将来の拡張のための準備)
  • 設定メニュー動作時に 6280 と MCU の通信と同期で polling をやめて割り込み待ちに変更. このためファームウェアの内部処理を大幅に書き換えた.
  • ROM dump 時に GPRAM を使用をやめて 6280 に RESET をかける回数を1回に変更. ROM image を serial port 経由の GPRAM boot は不安定だが、次回の機能追加で重要ではなくなるので廃止予定.
  • MCU の data input 向け address decoder に read strobe が入っていなかった大問題を修正.
  • I2S clockdomain を I2S bitclock (44.1kHz * 32 * 2) から I2S masterclock (44.1kHz * 256) に変更.
  • ADPCM の分周計算を高精度化. 再現精度が大まかに 10の-4乗から10の-6乗になりました.
変更点20181004→20181007
  • 720p display を on にしたあと 16ms の待ちをいれてから frame buffer 上の instruction data を実行するように変更
変更点20181007→20190201
ikaebi
  • ROM image 転送の対応
  • 並べ替えの対応 (20181107とデータ置き場の仕様が違います)
  • 英語のメッセージを添削してもらった. 普通の英語と違いコンピュータ用の英語は文法が違うとのこと.
  • GUI でファイルやイメージを複数選べるようにした
  • GUI でファイルを追加するときに csv リストで一度に入れられるようにした
  • ROM image アップロード機能は削除してないけど使えないようにした
  • frame buffer で png を保存するときに sprite だけの画像もついでに保存するようにした. sprite だけの場合は INDEXED COLOR なのでパレットが PCE と同じ (256色)
  • IMAGE LIST の画像の仕様変更の対応
upergrafx
  • CD image と ROM image の2対応, それに伴う 6280 アセンブラ側の大きな作り直し
  • 内蔵システムカード機能の削除
  • ファームウェアで文字列をほとんど使用せずに immdiate を使うようにして RAM の無駄遣いをなくした
  • RAM の無駄遣いをなくして TOC を SD CARD が随時とることをやめて1度だけ読むようにした
  • Audio CD player で endpositon 比較で TRACK を廃止し、MSF のみに変更. 大きな仕様変更のためいくつかバグが発生 #94
  • SEEK TIME 算出関数を実装 (Thank you! David!)
  • SEEK TIME のための SD card cotnroller から MCU への割り込みを追加 #18, #73, #92
  • SEEK TIME のため command 0xd8, 0xd9 で大きな仕様の変更のためいくつかバグが発生. 大体直したはずなので bts には書いてないや.
  • CD 読み込みスピードを設定で切り替えられるようにした
  • I2S のタイミング調整
  • SEEK TIME にともなう READ TIME の実装 #4, #5, #60, #89
  • 仮想 SUPER SYSTEM CARD の未定義領域の仕様対応 #69
  • command 0xd9 で未知の仕様の対応 #81
  • SCSI data port 制御の不備の対応 #84
  • command 0xd8 で seek 済みの時に再度のseekをしない対応を追加 #85
  • VCE からの HSYNC カウンタが不正な値になる場合に firmware の RAM を間違えて消してしまうバグの対応 #86
  • SCSI data port (address 0x1ff808) に条件付きで address 0x1ff809 に mirror port を追加. 現状は ROM 読み込みで tai 命令を使い転送を高速化.
  • VCE register を書いたときにレジスタの変更の確認をせずに毎度 720p video clock を変更していた問題を修正.
変更点20190201→20190209
ikaebi
  • 並べ替えと削除、並べ替えと新しいblock作成など並べ替えと管理の組み合わせがダメだったのを修正
  • 新規作成される IMAGE INDEX の名前を IMAGE INDEX for %d-xx に変更
  • ROM image の個別設定フラグの仕様書の時点で矛盾だらけだったので改訂して準拠(*1)
  • ROM image の個別設定フラグを listbox に表示するように設定
  • Super System Card の RAM と register がいる ROM image を CRC32 で算出し勝手にフラグをつけるようにした
  • その他 GUI の操作に関するバグ修正や操作性の改善
upergrafx
  • *1 の準拠
  • HuCard ICON の色を容量に合わせることにした. また見分けづらそうな色を変えた.
  • IMAGE LIST の画面構成の改訂
  • Iボタンをおしたときに出る preset は HuCard のときのみ反映されるようにした
  • ROM image 転送で tai 命令を使うことをやめた. 回避策として一時的にやめたので今後直すつもり. #96
  • 512 KiB byte を超える HuCard image を無理に起動させることをやめた.
ċ
ikaebi_20190204.zip
(5892k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2019/02/03 7:47
ċ
ikaebi_20190209.zip
(1212k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2019/02/09 8:43
ċ
ikaebi_20190210.zip
(5893k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2019/02/09 12:10
ċ
upergrafx_20170916.pac
(85k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2017/09/15 14:55
ċ
upergrafx_20180114.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/01/14 2:46
ċ
upergrafx_20180118.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/01/18 1:12
ċ
upergrafx_20180120.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/01/25 2:57
ċ
upergrafx_20180211.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/02/10 20:39
ċ
upergrafx_20180218.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/02/17 23:37
ċ
upergrafx_20180301.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/02/28 20:40
ċ
upergrafx_20180320.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/03/20 9:09
ċ
upergrafx_20180322.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/03/21 23:16
ċ
upergrafx_20180325.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/03/24 21:50
ċ
upergrafx_20180429.pac
(87k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/04/28 12:22
ċ
upergrafx_20180709.pac
(88k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/07/08 20:22
ċ
upergrafx_20180710.pac
(88k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/07/10 1:31
ċ
upergrafx_20180711.pac
(88k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/07/11 3:41
ċ
upergrafx_20180802.pac
(88k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/08/02 4:33
ċ
upergrafx_20180804.pac
(88k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/08/03 21:43
ċ
upergrafx_20180825.pac
(90k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/08/24 19:19
ċ
upergrafx_20180828.pac
(90k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/08/27 8:36
ċ
upergrafx_20181004.pac
(91k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/10/03 14:03
ċ
upergrafx_20181007.pac
(89k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/10/08 21:59
ċ
upergrafx_20181102.pac
(90k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/11/01 16:00
ċ
upergrafx_20190202.pac
(95k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2019/02/01 20:19
ċ
upergrafx_20190209.pac
(96k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2019/02/08 10:13
ċ
ys3.sav
(2k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/04/28 10:12
Comments