通信ソフト

概要

USB ケーブルを介して UperGrafx とデータ通信をします. 画像取得,セーブデータの読み書き,VSync Freqency の調整ができます.
通信ソフトは Microsoft Windows 上でご利用になれます.

USB serial port のインストール

  • UperGrafx の電源をいれてパソコンと USB で接続します.
  • FTDI 社の website から OS にあう driver をインストールしてください.
  • デバイスマネージャで UperGrafx の COM port の名称 (例:COM3)を確認してください.

UperGrafx control panel のインストール

  • 下記の zip ファイルを展開してください.
  • 展開したファイルから ebi_xxxxxxxx.exe を起動してください.
ebi_20160921.zip (version 0.7, 6MBit HuCard dump 対応)
approx.exe はebi_xxxxxxxx.exe から呼び出されるサブプログラムです.
approx.exe はGPLに基づき、ソースコードを公開しています.

VDC - 画像取得

このタブでは通信の初期設定とPCエンジン画像の取得が出来ます. 通信速度は速くないので、大量の絵を撮る用途には向いていないかもしれません.

portname 

ご利用のパソコンと UperGrafx に接続された COM port の名前をいれてください.

baud rate

初期値の 500000 のままにしてください.

save path

png ファイルを保存する場所を指定します. 空欄の場合は ebi.exe を起動した場所に保存します.

save active area only

VDC が出力する有効領域 (color RAM address の値が 0x100 ではない場所)のみ検出し、PNG screen view に表示します.

scale up pixel for the aspect ratio

1画素を UperGrafx と同じ比率で拡大します.

download + save

UperGrafx と通信し画像データを取得します.
取得後、 PNG screen view と同じ絵を png ファイルを連番で保存していきます.

save png

通信せずに PNG screen view と同じ絵を png ファイルを連番で保存していきます. 設定を変えた場合に利用します.
設定例:active area only
設定例: active area only + scale up

backup RAM - セーブデータ読み書き

このタブではセーブデータと設定メニューのデータを読み書きできます. (version 0.4 より save page ボタンを廃止しました)

imagefile

セーブデータを保存または読み出すファイル名を指定します.
空欄の場合は ebi.exe を起動した場所 + 0.sav ... 1.sav, 2.sav, 3.sav が選ばれます.

RAM page

UperGrafx のセーブデータ領域4つのうちでどれを利用するか選びます.
3 (menu data) は設定用領域です.

download

UperGrafx にあるセーブデータを PC へ転送します. 取得後 PC エンジンを RESET します.
PC 側にすでにあるファイル名の場合は上書きします.

upload

PC にあるセーブデータイメージを UperGrafx へ転送します. 取得後 PC エンジンを RESET します.
UperGrafx 側にすでにあるデータは上書きします.
3(menu data) は HuCard を使わない場合の設定メニューのソフトウェアデータと個別の設定データが入っていますので、通常は upload しないでください. 設定データを消してしまうと UperGrafx が起動しなくなります.
間違えて消去した場合は下記のファイルを upload して復旧が可能です
menu_20160902.bin (DISABLE の選択肢削除済み,RUNボタンで全て初期化の機能追加)

misc - その他

calibration start 

VSync Frequency の調整を行ないます.
VSync Frequency mode で original を利用する方は、ご利用のPCエンジンで初期設定をすることによって VSync のずれを最小限にすることが出来ます. calibration start を押すと 800 フレームの計測をし補正をします.
詳しくはVSync補正のページをご覧ください.

Reset PCE

PCエンジンの Reset pin を制御して本体のReset をします.

dump - ROM data 取得 (非公式機能)

この機能は使い方がわかる人だけ利用してください. 動作が不安定かもしれませんから非公式機能です.

使い方の流れ

  • 対象の HuCard を接続したあと電源を投入し、接触不良がないことを確認します.
  • GUI に沿って設定をして dump ボタンを押します.

memory map

HuCard 内部のmemory構成を選びます.
  • generic ROM: 通常はこれを選びます.
  • ROM+RAM: Super System Card, ポピュラス, 天の声バンクなど RAM もある場合はこちらを選びます.
  • ROM+banked ROM: Street Fighter II'  Champion Edition でのみ利用します. また menu の data も対応版の menu_20160902.bin 以降に更新する必要があります.

imagefile

出力するファイル名を入力します. 空欄の場合は「数字4桁.pce」が自動で割り振られます.

dump

設定を持って処理を開始します.

その他の注意

  • 出力されるファイルは 0x200 byte のヘッダを持たない純粋な ROM image です.
  • 当ユニットには dump した data をPCエンジンで上で動作させる機能はありません. (内蔵 RAM 容量が2Mbit なので足りないです)
ċ
ebi_20160815.zip
(5312k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2016/08/24 17:26
ċ
ebi_20160829.zip
(5120k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2016/08/28 21:01
ċ
ebi_20160830.zip
(5148k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2016/08/30 6:07
ċ
ebi_20160907.zip
(4997k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2016/09/07 5:48
ċ
ebi_20160908.zip
(4996k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2016/09/08 5:52
ċ
ebi_20160921.zip
(4997k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2016/09/20 21:05
ċ
menu_20160829_0.bin
(2k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2016/08/28 9:47
ċ
menu_20160830.bin
(2k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2016/08/29 8:04
ċ
menu_20160902.bin
(2k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2016/09/07 5:50