CD-ROM2互換機能の使い方

下記の3つの操作に分けられます.
  • パソコンでの CD ドライブからCDイメージの作成
  • パソコンでの CD イメージからメモリーカードへの書き込み
  • PCエンジンでのDISC切り替え操作

CDイメージの作成

用意するもの

  • イメージを作成したい PCE 向け CD
  • パソコンで使える CD が読める光学ディスクドライブ
  • CDイメージ作成・ライティングソフト, CD Manipulator

操作手順

  1. CD Manipulator (外部リンク)をダウンロードし起動します.
  2. ディスクドライブに CD をいれて[CDからイメージを作成します。]を選ぶ.
  3. PCE の CD のために下記の設定をします. この設定をしない場合、まれに正しく動作しないイメージができます.
    • プリギャップ解析を「しない」
    • 正しいTOCとギャップ情報の取得を「しない」
    • エラーの無視を「する」

作成された .cdm .img .sub ファイルを利用します. .cue ファイルは今回の目的には必要ではありませんが、エミュレータでの確認に使えます. CD Manipulator のライティングの機能は利用しません.

CDイメージからメモリーカードへの書き込み

個別のページに使い方を記載いたします. → CDイメージ転送ソフト

PCエンジンでのDISC切り替え操作

用意するもの

  • PCエンジン本体と各種システムカード (NEC製のシステムカードはアーケードカードDUOのみ不可, GAMES EXPRESS CD Card は将来対応します)
  • 書込み済みメモリーカード
  • CD-ROM2 対応版うーぱーぐらふぃくす

操作手順

  1. 必要なものを全て接続し,電源を入れます.
  2. 1度目のPRESS RUN BUTTON の画面がでますので、RUN BUTTON を押します.
  3. 1度目の DISC 読み込みでは Audio CD Player が起動します.
  4. Audio CD Player に読み込まれると、メモリーカードの CD イメージの数と同じ数の Track がある Audio CD が読み込まれます.
  5. Audio を再生すると、各イメージの最初の Track が 5 秒再生されます (CD Image に Audio Track がない場合は無音, フェードインが長すぎて音では判別できない場合もあります).
  6. 起動したい CD イメージ番号を Track 番号として選びます.
  7. Track 再生中に START+RUN または画面右上の DISC CHANGE でリセットします.
  8. 2度目の PRESS RUN BUTTON の画面がでますので、 RUN BUTTON を押します.
  9. 対象の CD イメージが起動します.

Audio CD 強制モード

  • 上記の手順 7. で再生中ではなくポーズ中に DISC を切り替えると選択したイメージを Audio CD として読み込めます.
  • データ用トラックを再生しないように警告されますが、データ用トラックの再生は無音になりますのでご安心ください.

補足事項

  • CD イメージを起動後に START+RUN でリセットするなどで3度目の PRESS RUN BUTTON の画面が出た場合は 1 度目の処理に戻ります.
  • ソフトや場面によっては START+RUN で PRESS RUN BUTTON の画面に戻らないものがあります. この場合は電源を入れ直してください.
Comments