CDイメージ転送ソフト

download

ikaebi_20180526.zip (UperGrafx Control Panel version 1.3, Microsoft Windows 用ソフト)
CDイメージ転送ソフトと通信ソフトを統合しています. 通信ソフトのページにも同じリンクを記載しますが、中身は同じです.

(ページ下部の古いバージョンを利用する方へ)
容量の都合上、旧アーカイブから下記のファイルを除外しています.そのファイルが欲しい場合は上記の最新アーカイブから流用してください. この2つのファイルの中身は一切変更をしてません.
  • wxbase30u_gcc481TDM.dll 
  • wxmsw30u_core_gcc481TDM.dll

用意するもの

  • CDイメージ転送ソフト, ikaebi.exe を管理者権限で実行
  • CDイメージファイル
  • CDイメージより多い容量のMMCまたはその互換メモリーカード(無線LAN内蔵型は不可)
  • メモリーカードのためのOSの権限(ファイルシステムなしで直接操作できること)

ソフトの説明

  • このソフトはパソコンに直接接続されたメモリーカードのみ操作できます. 
  • このソフトからうーぱーぐらふぃくすに接続されたメモリーカードは操作できません. 
  • うーぱーぐらふぃくすとUSBで接続された場合はシリアルポート扱いになります. USB メモリにはなることはありません.
  • メモリーカードの容量の上限は特にない設計をしています. 参考までに 64GByte のメモリカードではイメージファイルが100程度入ります.

フォーマット (formatter)

  • うーぱーぐらふぃくす内部ではファイルシステムのない独自のパーティーションを利用します. このためにメモリーカードをフォーマットします.
  • フォーマットをすると対象のドライブに存在したデータはすべて使えなくなります.
  • ファイルシステムがないため無線LAN内蔵型メモリーカードは使わないでください.
  • driveletter に表示されるのはリムーバブルディスクであり、別種類のメモリーカードなども含まれますので間違えないようにしてください.
  • ソフトの説明をよく読み format ボタンを押してください.

CDイメージ書込み (writer)

  • imagefile: 作成した .cdm ファイルを入力します. 同じ場所に .img .sub も必要です.
  • name: イメージファイルの名前を入れます. 空欄の場合はファイル名が入ります.
  • add: イメージファイル名をリストへいれます. メモリカード書き込み中でも使えます.
  • start: メモリーカードへの書き込みを開始します.
  • help: リストの操作方法を表示します.
CDイメージは無圧縮で .img と .sub の内容を転送します. 1イメージに必要な容量は .img と .sub のファイルサイズの合計値と管理データ約360KiBです.
CDイメージの転送が完了するとのパソコンから普通に見れるほうの2MiBのファイルシステムに転送されたすべてのCDイメージのリストを書き込みます.

イメージリスト表示 (imagelist)


  • read: メモリーカードを読み込んで下のリストへ一覧を表示します.
  • (リスト): リストに表示された名前と設定を選択し編集できます. 
    • 編集に入るには該当のイメージを選んで Enter キーを押すかダブルクリックします.
    • 登録を削除するには該当のイメージを選んで shift+ Delete キーを3度押します.
  • name: 新しい名前を入れます
  • restrict disc change: 特定ソフトで disc 切り替えに不備がある場合にのみ利用します. これが必要なソフトは現時点では R-TYPE Complete CD とイメージファイトIIの2つです.
  • update: 設定を更新します.
  • CRC: メモリーカード内のCDイメージの CRC32 を算出します. やり方は下記です.
    • read でリストを表示します. 
    • リスト上で調べたいイメージを選びます (0番は選べません)
    • CRCボタンを押します.
CRCの算出は試験運用です. 算出方法の詳しい解説は別ページを参照してください. → CDイメージのCRC(試験運用)

イメージの順番の補足

  • フォーマットはとても単純な設計なため順番は変更不可です.
  • イメージは後ろから登録を削除することができます. 末尾ではなく途中を選んだ場合、末尾まで全て削除されます.
  • イメージ0番(IMAGE INDEX), イメージ1番は削除できないため、フォーマット処理をします.
  • もしメモリーカードを当ユニット以外の普通の用途に戻す場合はデジタルカメラなどの機器からフォーマットし直してください. パソコンからもできますが間違えた場合のリスクが高すぎるためここでは紹介しません.

イメージリストの名前の補足

  • PC上での確認のみに利用します.うーぱーぐらふぃくす内部では参照しません.
  • UTF-8 で最大512byteまで使えます.

CDイメージの補足

  • 対応CDイメージは HE システム専用ディスク,純粋な音楽CDのみです.
  • マルチセッション, CD-TEXT 他 Compact Disc の派生規格は非対応です. 
  • CD+G は現状非対応です. (実装優先度は低いです)

更新履歴

20180118→20180219
  • cdimage を追加後に cdlist.txt を生成するとき,それが失敗したあとの assert を削除.
  • memory card 上の CD image の CRC 算出を追加.
  • 標準設定言語が日本語ではないときに日本語のファイル名が通らない問題を修正.
  • GUI の配置の調整.
20180219→20180301
  • discimage 末尾150セクタを転送していなかったバグを修正 (BTS#10)
  • CRC算出での有効セクタ判断条件から Subchannel P を除外
20180301→20180526
  • 通信ソフトで使うファイル名で多バイト文字列が使えない問題を修正 (20180219での対応が不完全だった,CDイメージ転送は使えた)
  • イメージの削除で0番と1番を選んだ場合にフォーマットの処理をすることにした
  • 起動時の権限確認で Windows 2000/XP では緩くした
ċ
ikaebi_20180118.zip
(503k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/05/25 22:22
ċ
ikaebi_20180219.zip
(506k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/05/25 22:11
ċ
ikaebi_20180301.zip
(506k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/05/25 22:11
ċ
ikaebi_20180526.zip
(5188k)
Kyoudou Kumiai Unagi Kaihatu,
2018/05/25 22:09
Comments